読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perfect Full Page Background Image Great post by Chris Coyier about



Perfect Full Page Background Image


Great post by Chris Coyier about CSS3 full page background images


Japanese Poster: Result. Takuya Kotani.



Japanese Poster: Result. Takuya Kotani. 2009





出典:http://www.tuad.ac.jp/adm/graphicdesign/works/newpage_20100917_153752/

Effortless Full Screen Background Images With jQuery Great tutorial on



Effortless Full Screen Background Images With jQuery


Great tutorial on creating a scalable full screen background





出典:http://designshack.co.uk

魔女の宅急便 ちょっと目元がきつくなっちゃったキキ



「☆」/「patty」のイラスト [pixiv]

“DVD持ってるくせにテレビでやるとみてしまう。いつものくせで目元がきつくなっちゃったキキ”


by L.TON



Chocolate White Chocolate Chip Ice Cream Sandwich (by L.TON)





出典:http://www.flickr.com/photos/lton85/4124114086/

デザインが好きで、一生飽きることの無い幸せなデザインライフを送りたいので

「デザイン好きはデザイナーになるべきではない」という事を言いたい。本当にデザインが好きで、一生飽きることの無い幸せなデザインライフを送りたいので
あれば、

  • デザインを発注する側の立場になる
ことが幸せへの第一歩である。デザインというのはサービス労働だ
から、基本的に主人(発注側)と奴隷(デザイナー)とのプレイによって成り立つ。デザイナーとは、主人あってこその職業なのである。主人の居ないデザイ
ナー、すなわち奴隷ではないデザイナーというのは存在しない。これはデザインに限らず、営業とか、接客とか、サービスや対人関係をなす様々な労働に言える
のだと思うけれども。”









デ  ザ  イ  ン  思  考 / d e s i g n - t h i n k i n g - 奴隷と主人について。

デザイン好きがなるべき職業




『Daniela』は、ほとんどが木で作られた、ちゃんと動くVespaスタイルのバイクだ



『Daniela』は、ほとんどが木で作られた、ちゃんと動くVespaスタイルのバイクだ。ポルトガル在住の大工Carlos Alberto氏が作成した。
(via 木で作られたスクーター | WIRED VISION)





出典:http://wiredvision.jp/news/201010/2010102818.html

清流ようかん|季節の和菓子|ようかん、羊羹、創作和菓子、抹茶、おかき、お煎餅



清流ようかん|季節の和菓子|ようかん、羊羹、創作和菓子、抹茶、おかき、お煎餅、和菓子通販のがんこ職人もめん弥

川の中を泳ぐ魚が表現されててビックリ、味もおいしかったです(^▽^)/


家具や小物が並ぶと、お互いの良いところを消し合ってしまいます

家具の高さに気をつける
目線より高いものを置かないというのが通常はひとつの目安で、出来るだけ低くすると、自然と部屋が広く見えます。

背の高い本棚などは、なるべく入り口近くに置くようにします。そして、入り口から順々に高さが低くなるように家具を配置すると、遠近法で部屋の奥行が強調され、家具それぞれの高さが目立ちにくくなります。
とにかく余計な物を置かない
普段から余計な物を置かないだけでなく、収納の仕方を工夫することが重要です。

取り出しやすさを意識して、どこに何を置くかを明確にして収納します。そこに常に戻すことを意識付けることも重要です。良く使うような細かいものは、見せる収納を活用するのもひとつの手です。

写真のように、そこに置いたりかけたりするだけで絵になる家具を活用すると便利です。
家具の前面を揃える
複数の奥行きの違う家具が並んでいるとき、後ろの壁に揃えず、なるべく前面で揃えるように意識すると、それだけでスッキリした見栄えになります。

あまりにも奥行きが違う場合は、前面で揃えるとおかしくなりますが、出来る限り揃えて凹凸がなくなるように工夫しましょう。
全体の統一感を意識する
統一感のない家具や小物が並ぶと、お互いの良いところを消し合ってしまいます。

初めのうちは、下記の点を意識すると自然と統一感が出ると思います。

  • 好きな色やテーマを決める

  • 好きなブランドの家具に統一する


アジアンやモダンなど、テーマを決めたら必ずそれを守りましょう。

家具や小物単体で気に入るものに日々出会ってしまうことがあるのですが、テーマにそぐわないものは我慢することが大事です。

また、色についても、部屋全体は落ち着いた色をベースにし、好きな色をポイントとして差し色に使う程度が良いでしょう。

好きなインテリアのブランドを見つけたら、そのブランドの家具で統一するだけでも自然とオシャレに見えます。お気に入りのブランドを探すところから始めてみても良いですね。
照明を活用する
間接照明などのポイントとなる照明の使い方は、とても重要です。

和の雰囲気なら低い位置に、洋の雰囲気なら高い位置に設置すると光の重心のバランスが良いと言われています。

部屋の角を照明で明るくすると、部屋が広く見える効果があるとも言われていますので、洋ならスタンドライト、和なら床の上にワンポイントとなる照明を角に置くと良いです。

部屋全体を照らすための照明も、明るすぎるとのっぺりして狭く感じると言われていますので、暗めのもので陰影を楽しめるものがベストです。

天井の照明、アクセントとなるワンポイントの照明、それぞれのバランスを部屋の雰囲気に合わせて選ぶようにしましょう。


style="margin-top:10px;">







部屋をカッコ良く見せる5つの方法 | CREAMU